社会保障論 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数662
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成18年4月、介護保険施行後初めての制度改正が行われた。もともと、経過措置等の問題も含め、5年後の見直しを前提に始まった制度であるが、5年でここまで大きく変化することは、行政の見込み違いであると共に、社会構造の変化というべきであろう。  また、介護保険施行時の背景を見ると、あくまで当時の措置利用者の「要介護状態」となった高齢者に焦点があてられており、認知症老人に対しては、あまり重視されていなかった。今改正で取り上げられているのは、急増する認知症が社会問題となっていると同時に、介護保険が一般化してきた証であろう。また、昨今の軽度認定者の増加は、予測しえない結果であるが、今まで以上により身近な制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。