社会福祉援助技術1 レポート(再)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数348
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    超高齢社会を目前に高齢者のニーズも多種多様化する現在、高齢者施設で援助するものとして今まで携わった高齢者や家族などから学び感じたことを述べる。
    昔、高齢者施設は介護保険制度施行前には措置という方法で高齢者を受け入れてきた。自分も約6年前までは現場職員で高齢者の身体介護を中心とした援助をしていたが、今でこそユニットケアや個別援助が主流だが、昔も個別援助の方法はあったが、施設入所者の援助は限られた職員でどれだけ早く業務をこなすかが優秀な職員の目安にもなっており、利用者より職員や業務中といった援助のスタイルであった。決まった時間に食事・入浴、夜も一斉に就寝というまるで高齢者を機械のように「扱っていた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。