介護概論 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,112
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    加齢に伴い睡眠状況にも変化が現れる。70歳以上の高齢者の3分の1の人は、夜間熟睡できていないといわれる。それでは、高齢者はどのようにすれば心地よい睡眠が得られるのであろう。
     そもそも人間の睡眠は脳の中に存在する体内時計によって規定されている。体内時計は夜と昼を区別し、睡眠と覚醒だけでなく、血圧や呼吸数、ホルモン分泌といった体内の様々な状態を24時間の活動に合わせて調節される。しかし、加齢に伴い社会的活動の低下や意欲低下などにより体内時計の活動は低下し、夜と昼を区別することが困難となり、その為、本来眠りに入る時間になっても体内時計が適切に機能しないことが、高齢者の睡眠障害を起こすと言われる。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。