医学一般 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数749
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者の病気の主な特徴として、健康な時と病気の時との境界が不明瞭で症状が非定型的で一般に軽度に思われがちだが、気付いた時には重篤化・重複化・慢性化する傾向にある。
     1つめに、一人で多くの疾患を持っていることがあげられる。高齢化により各種臓器が老化し特に生活習慣病といわれる一群の疾患である高血圧・糖尿病・高脂血症・冠動脈疾患・脳血管障害などは、今日までの生活史を背景に発症し、さらに進行する。循環器の老化は動脈硬化、冠動脈の硬化による狭心症や心筋梗塞を起こす。肺機能の低下から、肺炎を起こしやすくなる。消化器については、大腸の蠕動が悪くなり、便秘を起こしやすくなる。肝臓の働きや腎機能も徐々に落ち、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。