緑化ネットワーク 平成15年度事業報告

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数301
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    緑化ネットワーク
    平成15年度事業報告
    平成15年度事業報告書
    ●総括
    平成15年度は、春先に中国で流行したSARSの影響により、事業及び予算の変更・縮小を余儀なくされる苦しい年となった。 SARSに関しては、周知の通り中国をはじめ世界規模で感染が拡大。当会も、安全面 から現地スタッフの一時帰国・現地事務所の一時閉鎖という措置を執った。中でも緑化隊事業は深刻な影響を受け、8月末まで隊の募集・実施を中止した結果 、参加者は大幅に減少した。また、新規入会の母胎となる緑化隊参加者の減少のため、会員数も増加しなかった。 一方、懸案であった国内事業に着手。福島県都路村で森林整備事業を試験的に実施。良好な結果 を得、2004年度以降の新たな基幹事業として展開できる見通しが立った。 結果としては、設立以来3年間の総括を行う時間的・労力的ゆとりができ、植林地管理の方法や国内での新規事業の着手など、今後の展望を改めて考え直すことができた貴重な一年となった。
    ●実施事業
    1、 砂漠緑化・砂漠化防止(ユニット植林)事業
    砂漠緑化・砂漠化防止(ユニット植林)事業 植林地は、3年続きで干ばつに見舞われ、春の集中植林後の降雨不足から活着率は50%程度にとどまった。しかし、雨期に入ってからは順調な降雨に恵まれ、夏以降のマツの植林などは比較的堅調な活着率を確保することができた。集中植林は、干ばつの最中であったこともあり、樹種を限定。ポプラと数種類の灌木を中心に植えるにとどまった。 また、当年度から新たに4カ所目となる植林地、査金台(サキンダイ)での活動を開始。旧国営農牧場の管理事務当局を通 じ、農民との植林・管理委託形式を試してみた。今後、他の植林地にも適応していきたい。
    新規着工ユニット
    ユニット名 植林地 ユニット数(面積) オーナー 植林本数 アミダの森 瓦房 80(80.0ha) アミダの森事務局 220,000 三嶋の森 瓦房 1 ( 1.0ha) 私立成立高校 3,500 EXAの森 瓦房 10 ( 10.0ha) (株)イデキュー 31,500 荏原製作所の森 瓦房 2 ( 2.0ha) (株)荏原製作所 7,000 Timberlandの森 ハトゥタラ
    モンゲンダバ 13 (13.0ha)
    前年度未植分7(7ha) ティンバーランドジャパン(株) 63,000
    24,900 西山の森 モンゲンダバ 7(7ha) 西山浄土宗ボランティアの会 24,900 ソフトエイジの森 モンゲンダバ 1 ( 1.0ha) (株)ソフトエイジ 3,600 ボランティア貯金の森 モンゲンダバ 10 ( 10.0ha) 日本郵政公社 3,000 コムウェア21世紀の森 ハトゥタラ 1 ( 1.0ha) NTTコムウェア労組本部 1,650 NTTドコモ労組本部の森 ハトゥタラ 3 ( 3.0ha) NTTドコモ労組本部 5,848 NTTデータ労組本部の森(仮称) ハトゥタラ 1 ( 1.0ha) NTTデータ労組本部 1,650 さきがけの森 瓦房 1 ( 1.0ha) 新党さきがけOB有志 3,500 梅木俊雄の森 モンゲンダバ 1 ( 1.0ha) 梅木俊雄 3,600 ムーミンパパの森 査金台 8(8.0ha) 武村正義 26,900 一衣帯水の森 査金台 20( 20.0ha) 日中友好沙漠緑化協会 67,000 日本国国会議員の森 査金台 5 ( 5.0ha) 日中友好沙漠緑化議員連盟 17,000 緑化隊の森 瓦房 ※1 1,200 前年度未植分 100,000

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    緑化ネットワーク
    平成15年度事業報告
    平成15年度事業報告書
    ●総括
    平成15年度は、春先に中国で流行したSARSの影響により、事業及び予算の変更・縮小を余儀なくされる苦しい年となった。 SARSに関しては、周知の通り中国をはじめ世界規模で感染が拡大。当会も、安全面 から現地スタッフの一時帰国・現地事務所の一時閉鎖という措置を執った。中でも緑化隊事業は深刻な影響を受け、8月末まで隊の募集・実施を中止した結果 、参加者は大幅に減少した。また、新規入会の母胎となる緑化隊参加者の減少のため、会員数も増加しなかった。 一方、懸案であった国内事業に着手。福島県都路村で森林整備事業を試験的に実施。良好な結果 を得、2004年度以降の新たな基幹事業として展開できる見通しが立った。 結果としては、設立以来3年間の総括を行う時間的・労力的ゆとりができ、植林地管理の方法や国内での新規事業の着手など、今後の展望を改めて考え直すことができた貴重な一年となった。
    ●実施事業
    1、 砂漠緑化・砂漠化防止(ユニット植林)事業
    砂漠緑化・砂漠化防止(ユニット植林)事業 植林地は、3年続きで干ばつに見舞われ、春の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。