緑化ネットワーク 平成14年度事業報告

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数279
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    緑化ネットワーク
    平成14年度事業報告
    平成14年度非営利活動事業報告書
    ●総括
    緑化隊派遣に関しては、2001年秋以来の国際情勢の影響を、また砂漠緑化・砂漠化防止事業に関しては、干ばつの影響を受けたものの、平成14年度は緑化事業、緑化隊派遣事業とも比較的順調に伸張。また、各事業ともそれぞれ新たな取り組みに挑戦し、質的な向上にも努めた。組織面 では、会員数の増加に加え、緑化隊の参加者による同窓組織の立ち上げなど支援者の拡大・定着化を図った。財政にも余裕ができ、設立3年目にしてようやく人件費を滞ることなく支給することができた。しかし、安定・継続的な運営を図るためには会員数、協力団体、緑化隊参加者、組織・財政全てに於いて十分とは言えず、引き続き一層の拡充を図る必要がある。
    ●実施事業
    1、 砂漠緑化・砂漠化防止(ユニット植林)事業
    昨年度の寒波に続き、今年度は干ばつに見まわれたホルチンであったが、比較的堅調な活着率を残すことができた。植林規模は昨年並みだが、植樹樹種は9種類と大幅に増加。ポプラやマツなど主要樹種は安定した活着を残すことができた。さらに今年より、NTTグループ各企業労組のご協力をいただき、新たに3番目の植林地での事業開始。また、郵政事業庁国際ボランティア貯金の支給を受け、モンゲンダバ農場に於いて、従来の砂漠緑化を目的とする植林にくわえ、地元民の収入増のための商品作物の植樹(経済植林)を開始した。
    新規着工ユニット
    ユニット名 植林地 ユニット数(面積) オーナー 植林本数 アミダの森 瓦房 36(118.8ha) アミダの森事務局 356,000 成立高校の森 瓦房 1 ( 3.3ha) 私立成立高校 6,450 イデキューの森 瓦房 1 ( 1.0ha) (株)イデキュー 2,000 荏原製作所の森 瓦房 1 ( 1.0ha) (株)荏原製作所 1,850 Timberlandの森 モンゲンダバ 13 (13.0ha) ティンバーランドジャパン(株) 124,300 西山の森 モンゲンダバ 7(7ha) 西山浄土宗ボランティアの会 25,500 ソフトエイジの森 モンゲンダバ 1 ( 1.0ha) (株)ソフトエイジ 1,000 ボランティア貯金の森 モンゲンダバ 10 ( 10.0ha) 郵政事業庁国際ボランティア貯金 100,000 コムウェア21世紀の森 ハトゥタラ 1 ( 1.0ha) NTTコムウェア労組本部 3,450 NTTドコモ労組本部の森 ハトゥタラ 1 ( 1.0ha) NTTドコモ労組本部 3,350 NTTデータ労組本部の森(仮称) ハトゥタラ 1 ( 1.0ha) NTTデータ労組本部 3,450 緑化隊の森 瓦房 ※1 7,219 昨年度ユニット補職 17,750 合 計※2 73(158.1ha) 568,968 ※1、昨年度にユニット枠を設定。面積は一昨年植林分に算入。本数のみ当該年度に算入
    ※2、昨年度ユニット補植分を含む
     
    環境保全植林成績
    樹種 植樹本数 活着率 活着本数 特徴 ポプラ 153,918 78.3% 120,446 高木。成長が早く防砂効果高いが樹齢短く、蒸発も激しい マツ 35,350 79.7% 28,185 高木。成長遅いが樹齢長く蒸発も緩やか。 ヤナギ 4,300 91.5% 3,935 高木。地元に自生する。実生から発芽する事も多い。 エンジュ 1,200 47.7% 572 灌木。高木の補助。 カエデ 24,400 52.5% 12,810 灌木。高木の補助。現地

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    緑化ネットワーク
    平成14年度事業報告
    平成14年度非営利活動事業報告書
    ●総括
    緑化隊派遣に関しては、2001年秋以来の国際情勢の影響を、また砂漠緑化・砂漠化防止事業に関しては、干ばつの影響を受けたものの、平成14年度は緑化事業、緑化隊派遣事業とも比較的順調に伸張。また、各事業ともそれぞれ新たな取り組みに挑戦し、質的な向上にも努めた。組織面 では、会員数の増加に加え、緑化隊の参加者による同窓組織の立ち上げなど支援者の拡大・定着化を図った。財政にも余裕ができ、設立3年目にしてようやく人件費を滞ることなく支給することができた。しかし、安定・継続的な運営を図るためには会員数、協力団体、緑化隊参加者、組織・財政全てに於いて十分とは言えず、引き続き一層の拡充を図る必要がある。
    ●実施事業
    1、 砂漠緑化・砂漠化防止(ユニット植林)事業
    昨年度の寒波に続き、今年度は干ばつに見まわれたホルチンであったが、比較的堅調な活着率を残すことができた。植林規模は昨年並みだが、植樹樹種は9種類と大幅に増加。ポプラやマツなど主要樹種は安定した活着を残すことができた。さらに今年より、NTTグループ各企業労組のご..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。