緑化ネットワーク 平成16年度事業報告書

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数502
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    緑化ネットワーク
    平成16年度事業報告
    平成16年度事業報告書
    1、砂漠緑化・砂漠化防止(ユニット植林)事業
     干ばつ続きのホルチンに、ようやく雨らしい雨が降った年であった。しかし、干ばつは雨季の始まる6月末まで続いたため、全体の活着率は、ポプラとマツの高木だけに限った割には思いのほか低調であった。 夏以降、瓦房北西およびハトゥタラ(NTTグループ植林地)の二ケ所に於いて、それぞれ5人1組の管理チームを設置。住民による本格的な管理のシステムをテストした。最終的には瓦房南にも1チームを設置し、現在合計3つの管理チームが稼動している。同時に、これまで労働力としてとらえてきた住民に対する我々の認識を改め、農民こそ緑化事業の主体であるとし、彼等が積極的に緑化に関わっていくための基盤整備をはかる必要性を痛感した。実際、この二つのチームの稼動状況はすこぶる良好で、積極的な意見具申や管理の工夫も行われるなど予想以上の成果 をあげた。ただ、緑化の成功を判断するには長い時間が必要であり、昨年度の半年間の結果 だけでは諸手を挙げて喜ぶ事は早計である。しかし、我々の活動地域には、意識も労働意欲も高い住民が決して少なくないことが分かり、大変な収穫となった。 一方、03年度から開始した査金台で、大規模な家畜による食害が発生。33ユニット分の植林地が壊滅的な打撃を被った。原因は大きくわけて以下の2点になる。第1は、当会の活動拠点である瓦房から片道で4時間と最も遠いためスタッフが頻繁に行き来することが難しく、目が行き届かなかったこと。第2は、管理を請け負っていた地元旧国営農牧場の組織改編と、それに伴う人事異動などの混乱である。公的機関である牧場と緑化ネットワークとの契約を、牧場長が個人的に請け負ったものとして扱い、牧場長の移動後、業務や資金の引き継ぎが全くできていなかった。住民への地権設定の際の不透明な土地区分割り当てなども重なり、結果 的には住民の、事業に対する理解が全く得られておらず、柵の修理や見回りなどの管理も全くなされていなかったために家畜の餌場と化してしまったわけである。この失敗の直接的な原因は、当会と牧場側で築くべきであった管理体制の不備だが、問題の本質は、住民へのアプローチ不足、住民参加の不徹底である。結局、緑化事業とは、住民の理解と参加なしには成り立たないという現実を見せつけられたわけである。 光と影となった管理チームの成功と食害の発生は、今後の緑化事業の正否を占う重要な出来事であった。なお、食害が発生した査金台は一時撤収し、代替地で緑化を行う。新規オーナーもあわせ、当会にとって5番目となる植林地「ハイスガイ鎮」で事業を始める。こうした教訓を活かした、これまでにない形での緑化事業を展開していく予定だ。
    (1)新規着工ユニット植林
    ユニット名 植林地 ユニット =ha 植林本数 生存本数 オーナー名 荏原製作所の森2004 瓦房 2 4,800 3,005(62.6%) (株)荏原製作所 EXAの森2004 瓦房 10 24,500 15,447(63.0%) エキスパートアライアンス(株) NBS長野放送の森2004 瓦房 5 12,400 7,850(63.3%) 西山浄土宗ボランティアの会 みのりの森2004 瓦房 1 2,400 1,502(62.6%) 仁平加奈子 よしおの森2004 瓦房 1 3,500 2,283(65.2%) 石川嘉男 西山の森2004 モンゲンダバ 5 12,500 6,552(52.4%) 西山浄土宗ボランティアの会 ソフ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    緑化ネットワーク
    平成16年度事業報告
    平成16年度事業報告書
    1、砂漠緑化・砂漠化防止(ユニット植林)事業
     干ばつ続きのホルチンに、ようやく雨らしい雨が降った年であった。しかし、干ばつは雨季の始まる6月末まで続いたため、全体の活着率は、ポプラとマツの高木だけに限った割には思いのほか低調であった。 夏以降、瓦房北西およびハトゥタラ(NTTグループ植林地)の二ケ所に於いて、それぞれ5人1組の管理チームを設置。住民による本格的な管理のシステムをテストした。最終的には瓦房南にも1チームを設置し、現在合計3つの管理チームが稼動している。同時に、これまで労働力としてとらえてきた住民に対する我々の認識を改め、農民こそ緑化事業の主体であるとし、彼等が積極的に緑化に関わっていくための基盤整備をはかる必要性を痛感した。実際、この二つのチームの稼動状況はすこぶる良好で、積極的な意見具申や管理の工夫も行われるなど予想以上の成果 をあげた。ただ、緑化の成功を判断するには長い時間が必要であり、昨年度の半年間の結果 だけでは諸手を挙げて喜ぶ事は早計である。しかし、我々の活動地域には、意識も労働意欲も高い住民が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。