半砂漠の緑化

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数599
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    砂漠緑化団体 地球緑化クラブ
    当団体の目指す活動
     気候条件や地理条件により砂漠緑化の戦略は違ってくる。この戦略を誤ると、緑化資材を無駄にしてしまうばかりか、地元住民の強い反感を買う事に繋がってしまう。  ここでは地理条件(気候条件)を半砂漠と流動砂丘の2つにわけ、それぞれの地で行なう当団体活動の基本戦略を紹介する。  これを基本に、それぞの活動地での緑化方針や計画がたてられる。ただし、ここに記載している内容は、本当にごく一部の内容にすぎない。砂漠緑化を進めていく為には、更に深い部分での計画や方針があることをご理解頂きたい。
    <農地としての緑化、開発>
     はじめにお断りとして、ここでいう「半砂漠とは」一般的な気候部分での区別ではなく、砂漠化の恐れがある地域、砂漠化の兆候が見え始めた地域、流動砂丘に隣接する地域などを指す。  半砂漠の土地でも農業は盛んに行われてる。私達が緑化活動を行なっている達拉特旗(ダラトキ)での一般的な農業は、広大な土地に飼料用のトウモロコシ、コムギ、コウリャン、油用のヒマワリなどの栽である。しかし、どの作物も大変安値で、唯一高く売れるコムギも水を比較的多く使うため栽培できる地域が限られる。したがって、農業を行っている人々も「豊か」といえる生活とは程遠い暮らしを強いられている。  では、どうすれば彼らを豊かにし、そして同時に緑化をすることができるのだろうか。ここでのポイントは、「いかに今まで現地で行われてきた農業の技術を生かせるか」だ。新しい最先端の技術を導入しても、現地の人々はついてこれない。たとえついてこれたとしても、機械が故障したり資材が不足したりすれば、彼らの力ではどうにもできなくなってしまう。明治時代にパソコンを持っていくようなことはしないほうがいいということだ。私達は例えば飼料用トウモロコシをスイートコーンに変えるなど、今までの技術そのままで、作る品種だけを変えればいいのでは?と考えている。実際現地でスイートコーンの栽培を行ったところまったく問題なく、しかも日本で作るよりも味の良いものができた。  また、簡単な温室を建てることにより冬場の仕事が確保できる。今までは、冬は-30℃近くまで気温が下がるため放牧以外の仕事はできずにいた。しかし、温室を建設することにより、冬場の仕事が可能になる。春先には温室で苗を作ることにより、より良い状態でしかも早く畑の仕事に移ることができる。さらにトウモロコシの茎を細かく粉砕したものをポット詰めし、キノコの菌を植え付ければ今までなかった産業がおこる。また、キノコの菌によって分解された菌床は畑の有機肥料として利用可能だ。キノコ栽培もヒラタケで実験を行なったところ問題なく発生させることができた。施設や道具も現地のものだけで行っているので現実的に見ても実用化は難しくない。このように、貴重な有機物を無駄なく利用することは、砂漠緑化だけに限らず農業をはじめ、生活していくうえでとても大切ではないだろうか。  灌漑ができるような比較的条件の良い地域は、果樹園をつくることも可能だ。しかし半砂漠という乾燥の激しい気候を考えると、栽培できる果樹は限定される。また、こういった地域で栽培できる果樹は、比較的容易に栽培できるものが多いため、大変安値でしか取り引きができない。しかしながら砂漠という農薬や化学肥料などにより汚染されていないという特性を逆に生かせば、他の地域で栽培されるものより希少価値が生まれる。肥料は下に紹介する方法で羊の「フン」が有効だ。果樹を植えることはそれだけでも十分「緑化」の役割を果たす。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    砂漠緑化団体 地球緑化クラブ
    当団体の目指す活動
     気候条件や地理条件により砂漠緑化の戦略は違ってくる。この戦略を誤ると、緑化資材を無駄にしてしまうばかりか、地元住民の強い反感を買う事に繋がってしまう。  ここでは地理条件(気候条件)を半砂漠と流動砂丘の2つにわけ、それぞれの地で行なう当団体活動の基本戦略を紹介する。  これを基本に、それぞの活動地での緑化方針や計画がたてられる。ただし、ここに記載している内容は、本当にごく一部の内容にすぎない。砂漠緑化を進めていく為には、更に深い部分での計画や方針があることをご理解頂きたい。
    <農地としての緑化、開発>
     はじめにお断りとして、ここでいう「半砂漠とは」一般的な気候部分での区別ではなく、砂漠化の恐れがある地域、砂漠化の兆候が見え始めた地域、流動砂丘に隣接する地域などを指す。  半砂漠の土地でも農業は盛んに行われてる。私達が緑化活動を行なっている達拉特旗(ダラトキ)での一般的な農業は、広大な土地に飼料用のトウモロコシ、コムギ、コウリャン、油用のヒマワリなどの栽である。しかし、どの作物も大変安値で、唯一高く売れるコムギも水を比較的多く使うため..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。