地球温暖化-赤潮

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数878
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    地球温暖化-赤潮
    海岸が赤く染まることがあります。それを「赤潮」と呼ぶのですが、これが実際に、環境に影響があるかどうかというと、有害なものかどうかによって、変わってきます。
    赤潮とは? Red tide
    赤潮とは、植物プランクトンが大増殖することによって海水の色が、赤褐色や茶褐色、緑色(緑色のものはアオコとも呼ばれています)に変わることをいいます。赤潮は古くから続く自然現象の一つとして知られていました。最近、赤潮が大きな社会問題として取り上げられるようになったのは、赤潮がより多くの漁業被害をともなうようになったからです。赤潮という名の他に、「苦潮」「腐潮」「厄水」などとも呼ばれています。 赤潮は、陸に近く浅い海で、陸からの汚水が流れ込んでくるところに多く起こりやすく、例えば、瀬戸内海などの狭い海や、海水が汚染されているところです。また、滋賀県の琵琶湖など、湖でも赤潮は発生します。
    赤潮が発生する仕組み Mechanism
    赤潮が発生しやすいのは、植物の栄養となる窒素やリンが、大量に溶け込んでいる海水に多いようです。季節的には、春~夏の時期に、海水中にいる植物プランクトンの数が増殖してい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。