地球温暖化-酸性雨

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数2,576
ダウンロード数53
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    地球温暖化-酸性雨
    現在地球温暖化の影響のひとつとして、「酸性雨」があげられる。この酸性雨だが、実際、どんな原因があって降るのか?私たちの生活にどんな影響があるのか、あまり知られていないのが現状である。酸性雨は、海外でしか降らないと思っているのは、間違い。日本でも酸性雨は降っているのだ。その酸性雨について詳しく見てみよう。
    酸性雨が降る原因とは? Cause
    酸性雨の仕組みは、工場や自動車から排出される大気汚染物質が、雲となり、それを含んだ強い酸性の雨が降ることを言う。よって、酸性雨の原因は、大気汚染物質であることがわかる。では、大気汚染物質とは、なんなのか?硫黄酸化物(SO2)と窒素酸化物(NOx)が主な原因物質である。これらは、工場や火力発電などから出る硫黄物を燃焼すると、硫黄酸化物となり、火山の噴煙などにも含まれる。ボイラーや焼却炉といった窒素化合物が酸化されたものが窒素酸化物であり、自動車の排気ガスもそのひとつ。この他にも有害大気汚染物質を出すものがたくさんある。そういったものが、雲になり酸性雨となって、地上に降るのである。これ以外の有害汚染物質としては、非メタン炭化水素、メタ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。