地球温暖化-フロンガス

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数506
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    地球温暖化-フロンガス
    フロンガスといえば、「フロン回収・破壊法」が平成 14 年 10 月 1 日より施行されているように、今では、地球温暖化の原因のひとつとして考えられ、回収に努めています。そんな、フロンガスですが、いつ頃、環境に影響があることに気づいたのか?を考え、フロンガス回収の協力をしていきましょう。
    フロンガスは、いつオゾン層を破壊すると気づいたのか? Fluorocarbon
    アメリカのモリーナ博士と、ローランド博士らの研究により、フロンガスは、成層圏にたどりつくと紫外線との反応により、塩素原子を出すのです。この塩素原子が、オゾン層を破壊するということがわかりました。研究の結果では、もともと、信頼性が薄く、その研究結果に対する反論も多かったのですが、そのあと、南極でオゾンホールが発見されたことによって、その信頼性は高まり、現在の形へと移行しているのです。このことがわかるまでに、かなりの年月が経過しているのですが、その結果が、地球温暖化の原因となるフロンガスなどを削減していこうという現在のスタイルになってきているのです。
    フロンガスが、オゾン層破壊に結びつくわけ Cause..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。