大同での緑化協力 カササギの森

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数198
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    大同での緑化協力
    カササギの森
     GENの緑化プロジェクトは、多くの場合1年きりの事業です。地球環境林の場合は、広大な土地に数年がかりで植えていくこともありますが、小学校付属果樹園だと、何年かぶりにツアーに参加した人が「前回行った村に行きたい」と希望しても、そこでの植樹はもう終わっているので作業もなく、植樹作業をしたいほかの参加者のことを考えると、なかなか「前に私が植えたあそこはどうなっているかな」なんて見に行くことは困難でした。
     また、現地に行ったことのない会員からも、「漠然と緑化基金に協力するだけでなく、どこか具体的な場所、この森の緑化に自分たちが協力しているという実感のもてる場所がほしい」という声もありました。
     さらに、大同事務所のスタッフも、あちこちの村を見たり日本に研修に来たりするうちに意欲がでてきて、「自分たちの裁量で自由に植えられる造林地がほしい」という希望がでてきました。
     そういった声にこたえて、『カササギの森』プロジェクトが2000年秋にはじまりました。大同県聚楽郷で600haの土地の50年間の使用権を取得しました。そのうち約300haに植樹可能です。谷筋にはポ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。