大同での緑化協力 小学校付属果樹園

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数178
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    大同での緑化協力
    小学校付属果樹園
     日本では学校に行かない子どもがふえていますが、大同には中学校にさえ、行きたくても行けない子どもがまだいます。村によって教育事情は異なりますが、築後何百年もたっていまにもくずれそうな古い道教の廟を校舎にしていたり、雨が降ると雨漏りをするから休校、というような学校もあります。村の教育条件を改善し、どの子も学校に通えるようにしよう。そんな思いで、この協力活動をはじめました。  アンズやリンゴなどの果樹を植えて、収益があがるようになったら、その一部を教育費にまわしてもらうのです。
     小学校付属果樹園をはじめた当初は、「少しでも条件のいい土地を」と畑をつぶして植えたりしていましたが、農民からは不評でした。果樹だと、少なくとも穀物の3~5倍の収入にはなりますが、収穫ができるようになるまでには4~5年かかります。その間は、肥料代や農薬代など持ちだしばかりですから、割は悪くても毎年収穫ができる穀物の畑をつぶすことは農民にとっては死活問題なのです。それがわかってからは、耕作中の畑はつかわず、荒れ地や放棄された畑をつかうようになりました。
     また、労賃を利用しての村の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。