教育相談1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数403
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    今日の多くの学校や研究所相談室では、来談者中心療法と行動療法のカウンセリング技法が活用されている。この2つを基礎的な理論面、技法面、長所短所等を比較しながら述べなさい。
    学校における教育相談として、授業場面などにあらわれる教育活動との相互補完関係にある開発的な機能が必要である。また、反社会的や非社会的な問題行動、神経症的な問題やこれらに準ずる行動をもつ児童生徒に対し、カウンセリングを行なうことによって、通常の知覚・認知が回復するよう人格の再体制化を図っていく治療的な機能、治療的な教育相談を必要とする生徒の予備軍ともいえる者に対し、彼らが安定した自己を確立できるように意図的・積極的に配慮する予防的な機能も求められている。
    学校教育におけるカウンセリングにおいては、これらの機能を生かし、児童生徒の自己理解を深める指導が必要である。学校カウンセリングの中心は面接であり、その面接においての技法としては、来談者中心療法が最も適している。特に、無気力・親子関係・友人関係の悩み・進路の問題などを抱えた児童生徒に対しては、その問題を具体化・明確化させ、選択した目標に向かう態度を支援していく為にこれを用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。