集団援助技術について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数462
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    集団援助技術

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「集団援助技術(グループワーク)について述べなさい。」
    Ⅰ 近代的社会福祉以前
     近代的社会福祉以前にも、人類の社会が形成されていく過程とともに、原初的な形態は相互扶助であり、慈善や博愛の援助であった
    しかし、このような血縁や地縁、また同業といった共同体内の扶助であり、援助の限界があるため社会的対応にならなかった。そのため、広く範囲を超えた社会的な制度にはなりえなかった。時代が進むにつれ、範囲を越え慈善・博愛・相互扶助の対象を広げていったが「与える人」と「与えられる人」の上下関係を生み、援助者中心のパターナリズムに陥りがちであったため、社会福祉援助が社会制度として機能していない限界があった。
    Ⅱ 産業革命後の社会改良運動
     19世紀末の産業革命後の社会では、厳しい労働条件のもとで病気と貧困、スラムの発生と治安悪化などの大量の社会問題が発生し、公的な貧困事業のみでは対応できないほど深刻化していた。このような、時代背景があって、組織化した「慈善事業」や「博愛事業」となり近代の人道主義的な思想と結びつき、民間の社会福祉が発達していったのである。《1》 慈善組織協会
    慈善組織協会(Charit..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。