臨床心理学 設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数297
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    臨床心理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「心理療法について述べよ。」
    心理療法とは、悩みや問題解決のために来談した人に対して、専門的な訓練を受けた者が、主として心理的な接近法によって、可能な限り来談者の全存在に対する配慮を持ちつつ、来談者が人生の過程を発見的に歩むのを援助することである。心理療法の個々の技法は、特定の技法を症状に関係なく施すのではなく、症状に最も適した療法を発見するのが診断の際に重要となる。例えば、恐怖神経症には系統的脱感作法が特に有効であり、うつ病には認知療法が有効であることが知られているが、必ずしもすべてにあてはまるわけではない。以下に、心理療法を支持法、表現法、洞察法、および訓練法の4種に分類して考察する。
    (1)支持法
    これは、あらゆる心理療法に共通して基本となるもので、これだけによる心理療法というのはむしろ少ない。クライエントが遭遇している困難や不安、恐怖などを受容しながら、不適応の状態にあるクライアントに力をかすことで、安定をはかろうとする技法の総称をいうものである。助言、指導・忠告、保証、説得、暗示、環境調整といった治療者の力添えによって不安を減らし、適応力をつけようとする援助法で暗示(催眠)、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。