臨床心理学 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数653
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について述べよ。
    情報化社会と呼ばれる現代、様々なストレスを生み出すことになり、精神障害者数、とりわけ神経症の増加がみられているなか「真に健康である」ということはどのようなことであろうか。身体的には健康であっても精神的な問題を抱えていれば真の健康とは言えない。真の健康とは、身体的にも精神的にも健康であることである。そこで大きな役割を果たすと考えられるのが心理学である。心理学は「困っている人を助ける」学問と呼ばれており、面接によって相手を理解し、援助の手を差し伸べることは臨床心理学の中心課題である。
    1.人間理解の必要性について
    臨床心理学は機能回復だけが目的の医学とは違い、特定の機能が失われても、失ったままで人生を生き抜ける方法を見つけたり、機能喪失を好機としてさらに意義ある人生を見いだしたりすることが可能である。臨床心理学の出発点として、面接場面での人間理解、無批判の共感と寛容に基づいた人間理解がある。また、この面接場面で大切になるのは、ラポール(心を開いた信頼関係)を形成することであるが、これは容易なことではない。フロイ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。