教育学概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数661
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「わが国の教育目的について論述しなさい。」
    1,わが国の教育の目的の変遷について
     我が国における近代学校教育制度の基礎となる新しい教育制度が発足したのは明治5年のことである。明治政府は西洋の思想・科学・技術を迅速に吸収し、また国を結束させ富国強兵を実現するために、国民への教育の普及をめざした。主な目的は①国民皆学:四民平等の立場から、身分に関係なく全国民一律の教育の実施②立身出世主義:学問を修めることにより「立身、治産、昌業」を実現する。③実学主義:それまでの儒教思想を基調とする教育観を否定し、欧米の近代思想に基づく個人主義・実学主義を取り入れる。というものである。初等、中等、高等学校の三段階制度を設立し(最高学府である大学は明治12年の教育令により廃止)、小学校を男女児童の必修とした。第二次世界大戦後の昭和21年、日本国憲法が公布され、教育に関わる項目として「教育を受ける権利、保護する子女に対し教育を受けさせる義務、義務教育の無償(以上26条)、国による宗教教育の禁止(20条3項)、公の支配に属しない教育に対する公金支出の禁止(89条)」などを定め、翌22年教育基本法と学校教育法が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。