教育実習研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,119
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「教育実習のPDCAサイクルについて」自身の体験や期待をもとに述べなさい。』
    1 PDCAサイクルとは
    PDCAサイクルという名称は、Plan(計画)、 Do(実行)、Check(検証)、Action(改善)の4段階の頭文字をつなげたものである。PDCAサイクルはこの4段階を順次行って一周したら、最後のActionを次のPDCAサイクルにつなげ、螺旋を描くように一周ごとにサイクルを向上させ(スパイラルアップ)、継続的な改善を行っていくものである。以下、教育実習におけるPDCAサイクルについて簡単にまとめる。
    2 教育実習の計画(Plan)
    これまでの学習や教育実習の予想をもとにして実習計画を作成する。
    ①児童理解 児童の学習段階を理解する力(心と体、言語・社会性等の発達理論を踏まえて総合的に理解する)、子どもの生活(子どもの基本的な生活習慣の実態、学校・家庭・地域での遊びや生活の様子、人間関係など)を理解する力を養う。事前準備として担当するクラスの様子や特徴を伺っておく。児童の名前を覚える。
    ②学習指導 学習状況の把握力(子どものレディネスや学習状況を把握する)、授業設計力(教科書等..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。