教育方法学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数525
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決する上で教育方法はどのようにあるべきか』
    1はじめに
    平成23年度完全移行の学習指導要領では、基礎基本の学力の充実が強調されている。これは、平成10年の学習指導要領以後、児童・生徒の学力低下が問題視されたことが一因であると考えられる。そこでまず、「ゆとり教育」についてまとめたい。
    2ゆとり教育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決する上で教育方法はどのようにあるべきか』
    1はじめに
    平成23年度完全移行の学習指導要領では、基礎基本の学力の充実が強調されている。これは、平成10年の学習指導要領以後、児童・生徒の学力低下が問題視されたことが一因であると考えられる。そこでまず、「ゆとり教育」についてまとめたい。
    2ゆとり教育
    平成10年、「自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力」いわゆる「生きる力」が重要であるとする学習指導要領の改定が行われた。いわゆるゆとり教育である。本来、ゆとり教育というものは、自発的な学習、問題解決学習のできる子どもを育てることを目標としていたはずである。なぜなら、現在社会は情報化社会または知識社会と呼ばれている通り、技術革新は短期間でなされ、従来の知識が瞬時に陳腐化しまう。そのため、生涯を通じて学習を継続していくこと(生涯学習)が重要であることは明らかであり、目指されたものは、これらの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。