教育社会学1 『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,060
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ』
    学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」と定義されている。つまり、論理的には「低学歴社会だが、学歴社会」という社会もありうるし、「高学歴社会だが、非学歴社会」という社会もありうる。つまり、正しくは、学歴社会と高学歴社会とは異なるものであるといえる。学歴社会には、単に、教育を重視すると言う意味以上のものがある。 現在、教育の充実は、世界各地で先進国、発展途上国を問わず、各国家、社会の最重要課題の一つにあげられているため、教育を重視する社会が「学歴社会」であるなら、ほとんど全ての国が「学歴社会」ということになる。そこで、日本における学歴社会についてみていきたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ』
    学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」と定義されている。つまり、論理的には「低学歴社会だが、学歴社会」という社会もありうるし、「高学歴社会だが、非学歴社会」という社会もありうる。つまり、正しくは、学歴社会と高学歴社会とは異なるものであるといえる。学歴社会には、単に、教育を重視すると言う意味以上のものがある。 現在、教育の充実は、世界各地で先進国、発展途上国を問わず、各国家、社会の最重要課題の一つにあげられているため、教育を重視する社会が「学歴社会」であるなら、ほとんど全ての国が「学歴社会」ということになる。そこで、日本における学歴社会についてみていきたい。
    学歴社会の成り立ちは明治時代と考えられ、その過程には、それなりの必然性が存在する。維新政府が必要としたのが各分野における優れた人材であり、その安定供給を保証してくれる機構であった。鎖国を解いた維新政府は、「富国強兵」のような欧米へのキャッチ・アップを目指した国家目標のため..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。