教育社会学2 『学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べよ。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,320
ダウンロード数22
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    『学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べよ。』
    一般的に社会全体で認知されている「学力低下」とは、ゆとり教育に以後、世界PISAで日本の順位が下がったことによって、強く意識されるようになったと考える。マスコミなどで学力低下が叫ばれ、指導要領の改訂が行われている。しかし、学力という言葉の定義そのものがはっきりとしていない面があるため、単純にその順位だけを根拠としてよいのだろうかという疑問もある。何をもって、何が基準で学力が低下した、上昇したと判断するのかは非常に難しいと考える。前述の順位が下がった、ペーパーテストでの得点率がいままでよりも低くなったといったことが必ずしも学力低下とイコールではないと考える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べよ。』
    一般的に社会全体で認知されている「学力低下」とは、ゆとり教育に以後、世界PISAで日本の順位が下がったことによって、強く意識されるようになったと考える。マスコミなどで学力低下が叫ばれ、指導要領の改訂が行われている。しかし、学力という言葉の定義そのものがはっきりとしていない面があるため、単純にその順位だけを根拠としてよいのだろうかという疑問もある。何をもって、何が基準で学力が低下した、上昇したと判断するのかは非常に難しいと考える。前述の順位が下がった、ペーパーテストでの得点率がいままでよりも低くなったといったことが必ずしも学力低下とイコールではないと考える。
    そこで、この点について詳しく考察していきたい。小堀啓一郎によって「インセンティブ・ディバイド」という言葉が指摘されている。この言葉の意味するところは、今からどんどん出てくる新しい世代の子ども達の学力は、今までの世代の学力には及ばないといった「縮小再生産」の過程が始まったのではないかという疑念があるところに、根本的でなおか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。