教育心理学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数328
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育心理2佛教大学通信小学校A評価

    代表キーワード

    教育

    資料紹介

    「適応・不適応の心理的機制、またそれからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。」
     適応機制とは、欲求充足を阻害する障害や困難にぶつかったときに、それに対処する仕方を働かせる心的機能の基本となる機制、あるいは適応への努力をいう。より簡単に言うなら、緊張や不安などの不快な感情をやわらげ、心理的な安定を保とうとする働きである。適応機制には幾つかの種類(特徴的行動)がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「適応・不適応の心理的機制、またそれからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。」
     適応機制とは、欲求充足を阻害する障害や困難にぶつかったときに、それに対処する仕方を働かせる心的機能の基本となる機制、あるいは適応への努力をいう。より簡単に言うなら、緊張や不安などの不快な感情をやわらげ、心理的な安定を保とうとする働きである。適応機制には幾つかの種類(特徴的行動)がある。
    ①抑圧 心的エネルギーをそのまま発散させると、不安や破局を引き起こしそうな衝動や、それに結びついた概念や感情を無意識のなかに押し込める働きである。実現することが困難な欲求や苦痛の体験を心の中で押さえつけ、場合によっては忘れてしまう防衛である。しかし抑圧された衝動や感情はもつれ合い、コンプレックスを形成する。コンプレックスは無意識の中に存在し続け、時として無意識のうちに行動に影響を及ぼす。たとえば、言い間違いやど忘れといった失錯好意にまねいたり、夢にも現われたりする。さらに神経症の症状を形成することもある。
    ②合理化 自己の劣弱を認めると不安や破局に陥るような時に、責任を他人に転嫁したり、正当化するような理由付けを行っ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。