『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,115
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』

     カウンセリングとは、一般的には心理的な諸問題を取り扱い、その治療をするものと認識されているだろう。しかし、教育現場におけるカウンセリングではそれにくわえ、問題を予防するため、よりよい生き方を求めるためなど、日常的な教育活動の中にもカウンセリングの理論や技法を活用させるべきであると考える。つまり、治療的なカウンセリングだけでなく、予防的・開発的なカウンセリングを含むことが大切である。

     治療的カウンセリングは心理的な問題解決を行うことである。これはカウンセラーなどの専門家による援助が中心となる。学校内で起こる多くの問題の原因は心的構造のイド・自我・超自我のアンバランスではないかと考えられている。成人と違い、子供のそれらは発達的で流動的である。そのため、完治を目指す成人の治療とは異なってくる。問題行動によっては発達に伴う一時的なものである場合もあり、一般には三者の関係がバランスを取ることを目指し、これによって問題行動の改善や解消をはかることで、完治を目指すものではない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
     カウンセリングとは、一般的には心理的な諸問題を取り扱い、その治療をするものと認識されているだろう。しかし、教育現場におけるカウンセリングではそれにくわえ、問題を予防するため、よりよい生き方を求めるためなど、日常的な教育活動の中にもカウンセリングの理論や技法を活用させるべきであると考える。つまり、治療的なカウンセリングだけでなく、予防的・開発的なカウンセリングを含むことが大切である。
     治療的カウンセリングは心理的な問題解決を行うことである。これはカウンセラーなどの専門家による援助が中心となる。学校内で起こる多くの問題の原因は心的構造のイド・自我・超自我のアンバランスではないかと考えられている。成人と違い、子供のそれらは発達的で流動的である。そのため、完治を目指す成人の治療とは異なってくる。問題行動によっては発達に伴う一時的なものである場合もあり、一般には三者の関係がバランスを取ることを目指し、これによって問題行動の改善や解消をはかることで、完治を目指すものではない。
     次に予防的カウンセリングとは、「本格的な問題..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。