一大決心視力回復手術レーシック

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数280
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    この文章は自己体験記であり、文書内に提示してある該当医院にも提出済みの内容です。
    これからレーシックを考えられてる方、病院選択で悩まれている方は参考としてご一読ください。

    また、結果や感想はあくまでも個人の体験、見解であるため、全ての方に当てはまるものではないことを十分ご承知の上ご評価ください。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    一大決心視力回復手術レーシック!
    子供の頃はずっと視力がよかったのに、24歳くらいからだんだん目がぼやけて見えるようになり、26歳のころにはメガネなしでは不便を感じるようになりました。パソコンを多く使う仕事に就いたこともあり、2,3年で視力は0.1にまで下がってしまいました。趣味のダンスを続けるためにはコンタクトレンズのほうが便利だったのですが、年間を通してアレルギーがひどく、目の調子が悪いときは基本メガネで、コンタクトレンズも、花粉が多い春や秋は1dayで、目の調子がいいときは2weeksのソフトレンズしか使えない状態でした。
    現在はダンス指導の仕事をメインでしているのですが、メガネを使っていることもあり、不便に気づいた生徒さんが「神戸神奈川アイクリニック」(リンク先:http://www.kobe-kanagawa.jp/」を紹介してくれました。ここはアフターケアが充実しているから、高額でもその価値はあると言っていました。彼女は既にここで手術を終了しており、0.01の度近眼が1.5にまでなったそうです。そこでレーシック手術について色々調べてみることにしました。確かに、ネット評判では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。