道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数153
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    内容論の展開が少なめになっているので、これを多くしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『中学校学習指導要領』では、教育課程における「道徳の時間」の取り扱いと目標について、以下のように定義している。「各教科、特別活動及び総合的な学習の時間における道徳教育と密接な関連を図りながら、計画的、発展的な指導によってこれを補充、深化、統合し、道徳的価値及び人間としての生き方についての自覚を深め、道徳的実践力を育成するものとする」。
    「計画的・発展的に」というのは、全教育活動との関連性を明確に提示し、生徒の発達段階の即した道徳指導は、計画的かつ発展的なものでなければならない。
     また、体験によって人間関係を理解させる方法は、直接的理解に働きかける点で有利である。「道徳の時間」には、なるべく生徒の考えに即し、実体験や見聞した内容をテーマにとり上げて物事を展開することが望ましい。「道徳的判断力を高める」ためには、単なる道徳知識として教育するのではなく、主体的かつ全人格的に生徒の心情に触れ、統合的に働きかけるものでなければならない。
     さらに、道徳の時間における道徳教育として、年間指導計画の作成が義務付けられているが、単に作成するだけでなく、綿密な指導計画と実践に関われるよう努める必要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。