広告論①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数274
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本アメリカ経済情報企業倫理社会文化広告

    代表キーワード

    広告論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     広告は、社会的・経済的・文化的機能を持つ要素に分けられ、それぞれ広告主・媒体企業・消費者にとって、重要な意味合いを持つ手段となる。
     経済的機能のメリットには、①需要の刺激、②流通費の削減、が挙げられる。それは、購買意欲に積極的でない現在の消費者には広告で注意を促し、商品の特徴を伝達し、消費者ニーズを呼び起こす点で有利である。また、事前広告による情報伝達は流通業者の販売の手間が省け、メーカー側にはプロモーション費用の削減につながる。
     社会的機能のメリットは、①情報の提供、②説得が挙げられる。商品やサービスの情報提供が他の銘柄比較の参考となり、また商品名の認識や特徴理解には、説得によって得られることになる。
    しかし、広告に対するマイナス点も挙げられており、広告批判論者の間では、“広告は消費者の信頼を裏切り、趣向を俗悪化し、不当な利潤を生み出す”とされ、資本主義的意向の特徴だと指摘している。中には、交際費同様の課税位置付けを主張する議論もある中で、広告擁護されることは少なく、これが広告主の評判に関わる危険性もあると考えられている。
     従来、広告に関する論点は、フレイを始めカルドアやスタ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。