中小企業論①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数251
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    中小企業

    代表キーワード

    中小企業論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中小企業が占める割合は社会階層の過半数を占め、経営的に典型的な庶民階層として独自の個性と生活の知恵をもって存続してきた。戦後は、日本の資本主義経済が独占・寡占企業を生み出し、資本規模の経済が成り立つに至った。このような企業間競争から中小企業や自営業が発展し、また必要不可欠な存在として市場秩序を守っている。
    中小企業は、大企業と比較して以下の経営特質を持っている
    ①個人的色彩が強い
    経営者の個人能力によって経営状態が左右されるだけでなく、家計と経営の分離、事業所と居住の分離などが不十分となり、経理面もおろそかになりがちである。
    ②自己資本比率の低さと負債依存度の高さ
    一般に資本不足の中小企業が多..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。