文章表現法②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数343
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「書き出しと結びの工夫による効果について」
    (平成19年~2年間有効課題分)
    ※科目習得試験で同等の課題が提示される場合も参考になります。
    (A判定)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    文章を作成する上で、さまざまな注意点やルールがある。そのような文書表現法を習得することにより、読み手に与える印象や評価が変わってくるので、ぜひとも学んでおきたい分野である。必要な要素として、書き出し・文の長さ・リズムと流れ・文法および表記法・表現力・文章作成におけるルール・日常的に実施できる練習法がある。これらをマスターすることにより、表現豊かな文章が出来上がるだけでなく、読み手に感動すら与えられる、素晴らしい作品へと変化を遂げるのである。
    まず、最初の書き出だしについて説明したい。文章で一番大切な要素は、初めの二、三行が肝心だと言われている。特に最初の一行で、文章全体の半分が出来上がるとも言われているそうだ。読み手に、「おや?」「なるほど!」と思わせるテクニックが必要というわけだ。その三行が、一番の難関であると評論家が述べているように、最初のたった二、三行で読み手を惹きつけるには、相当の努力が必要と察する。誰もが知っている、夏目漱石のこの出だしはあまりにも有名で、読み手をぐっと惹きつける効果がある。
     「我輩は猫である。名前はまだ無い。」
     また、川端康成の『雪国』の書き出しは、文章..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。