情報概論②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数171
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     (1)画像情報量と技術について
     情報量の最小単位を「ビット」という。これはいわゆる2進法の桁数のことであり、物事の種類を区別する際、0と1を何桁並べるかがbitという単位になる。
     ビットよりも大きい単位は、順番にバイト
    ・キロバイト・メガバイト・ギガバイト・テラバイトがある。2nという数字がコンピュータは扱いやすいため、1000に近い2nは、210=1024倍となり、1MB=1024KBということになる。ただし、ハードディスクの容量は1000倍することもあるので注意が必要である。
     デジタル画像は、縦横に並んだ点の集まりとして表現されている。このような画像を構成する点のことを「画素」・「ピクセル」と言い、画素数が多いほどきれいな画像が得られる。
     フルカラーと言われる画像では、赤・緑・青のそれぞれを256段階で表現する。1つの画素を表現するのに、フルカラーでは8bit×3色=3byteの情報量になる。
     ①画像の記録について
     OSの機能の1つである「記憶管理」機器は、アクセス速度と記憶容量によってキャッシユ
    ・メモリ・ハードディスクなどがある。処理を司る機器であるCPUが処理を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。