国文学概論②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数462
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    女性心理政治ドイツ問題文学自由援助

    代表キーワード

    国文学概論

    資料紹介

    明治・大正期の文学作品における「男」と「女」についての「文学」的役割の考察

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『舞姫』という作品は、登場人物や舞台が作者の背景と類似していると指摘されており、また、作者森鷗外のドイツ留学時代に起こした女性問題の弁明作品ともとられているが、事実と作品には大きな隔たりがある点に注目すると、これは自伝ではなく虚構の作品として取り扱う見解もある。
     主人公の太田豊太郎は、作者森鷗外との類似点がいくつか存在する。まず、大学卒業年齢を比較すると、豊太郎が十九歳であるのに対し鷗外は二十歳、ドイツ留学は、豊太郎が二十二歳であるのに対し鷗外は二十三歳である。さらに、帰国した年齢はいずれも二十七歳であった。これらの類似点は、作者自身がモデルとなっているという考えが有力であり、主人公の出世主義的人物の表れは、鷗外の一面を映し出しているとも意味取れる。
    また、鷗外が医科であるのに対し、豊太郎が法科である点の相違は、鷗外が理系よりも文系に関心が強かったことによる理想を盛り込ませたものと考えられている。しかし、主人公太田豊太郎のモデルは鷗外と交流のあった軍医、武島務であるともされ、主人公は鷗外そのものの投影と断定することはできないのも実状である。
    豊太郎の友人相沢謙吉は、それとなく名前が福..

    コメント1件

    レゲトニック 販売
    高校の教科書にも登場する森鴎外の『舞姫』を選択しました。
    詳細は、掲示参考文献 『妊娠小説』(斉藤美奈子/ちくま文庫/1997年6月24日発行)の291ページ「本書で取り上げた主な妊娠小説」(戦前)の欄を御覧ください。
    『妊娠小説』は、アマゾンの中古で購入できます。
    2013/09/02 22:34 (3年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。