韓国の観光地落星垈(Naksungdae)について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数639
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    概要:落星垈(ナクソンデ)は、ソウル市冠岳(カンア)区鳳天洞(クボンチョンドウン)韓国の名門であるソウル大学の隣に位置しており、高麗時代の名将である仁憲(インホン)公(ゴン)姜邯賛(カンガンチャン)の出生地である。姜邯賛が生まれた日の夜、空から大きな星が落ちたことから生家の敷地が‘落星垈’と名づけられたと伝われている。その場所として高麗時代の舎利塔式の三層石塔が落星垈の位置を示している。
    姜邯賛物語:姜邯賛(948年−1031年)は、本は衿川(ギンチョン)、初名は殷川(オンチョン)である。983年(高麗成宗2)文科に壮元(科挙に首席合格)して、直ちに礼部侍郎(中国や高麗の六部の次官)となった。1010年契丹が侵入した時、あらゆる朝臣が降参を主張した中で姜邯賛は降参することに反対し、敵を説得して退かさせた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    落星垈(Naksungdae)
    概要:落星垈(ナクソンデ)は、ソウル市韓国の名門であるソウル大学の隣に位置しており、高麗時代の名将である姜邯賛(カンガンチャン)の出生地である。姜邯賛が生まれた日の夜、空から大きな星が落ちたことから生家の敷地が‘落星垈’と名づけられたと伝われている。その場所として高麗時代の舎利塔式の三層石塔が落星垈の位置を示している。
    姜邯賛物語:姜邯賛(948年-1031年)は、本は衿川(ギンチョン)、初名は殷川(オンチョン)である。983年(高麗成宗2)文科に壮元(科挙に首席合格)して、直ちに礼部侍郎(中国や高麗の六部の次官)となった。1010年契丹が侵入した時、あらゆる朝..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。