経世済民の新時代

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数12
閲覧数669
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに インフォメーションとインテリジェンス 資訊と智恵の違いを知れ  私がアメリカに住んでいる最大の理由は、アメリカでは本物の情報革命がダイナミックに進行しており、そのシステムの中で毎日の生活を存分に楽しむことができるからだ。つまり、21世紀を特徴づける情報社会を先取りして、20世紀のいま未来体験をつぶさに味わえるからである。  こんなことを言うと、日本でも情報革命は着々と進行しており、[マルチ・メディア]や[情報スーパー・ハイウェー]という言葉が氾濫し、日本経済は情報時代の到来を見すえて、着実に準備がととのいつつあるという反論があるかも知れない。しかし、日本で進んでいるのはアメリカの物真似にすぎないのであり、しかも、情報機器や情報伝達施設を中心にした、情報関連のハードウェアに関してのみ、騒ぎ立てているに過ぎないのである。  その理由はそもそも日本の産業社会の体質に関わっており、戦前の大船巨砲主義や戦後の、大量生産設備のように、日本人が得意にするのはあくまてハードウェア中心で、ソフトウェアは付け足しである伝統に由来する。しかも、情報そのものにもハードとソフトの両側面があり・その点に気づいて考察した日本人も残念ながら少ないだけでなく、そういう指摘は常に黙殺されてきたのである。  ことによると幕末の品川沖に現れた4隻の黒船に驚き、太平の夢を破られたという近代日本の幼児体験が、感情障害[トラウマ]としてコンプレックス化したのかも知れない。その後遺症で、潜在意識のレベルに取り付いた不安が、ハード指向の脅迫観念の源泉であるとするならば、そろそろそんな悪夢から自らを解放して、朗らかな生を謳歌したらどうだろうか。話が横道にそれて黒船が出現したが、情報の歴史や意味の定義などに関しては、拙著『インテリジェンス戦争の時代』(山手書房新社刊)で詳しく論じたので、そちらを参照して頂ければ幸いである。  ただ、日本で使う情報という言葉は中国語では[資訊]と書き、同文の両国でも異なった文字を使っているが、同時に情報の質の変化によって文字が変わり、平安時代の日本語や現代中国語では、智慧と言葉が使われている事実を紹介して、現代日本語における情報の特殊性を喚起しておきたい。  日本語の情報は二つの意味を内包しており、その識別がないまま使われているために、日本では情報に関しての意味論さえ不在だが、中国語では明らかに[資訊]と[智慧]に区別されている。だから、情報という言葉が氾濫しているのに、日本には読むに値する情報の本も存在しない状況にあり、言葉の周辺をただ騒ぎ廻っているのである。  今度は同じ問題を英語の例を使って検討すれば、インフォーメーション一資訊一に相当するデータや資料が、一次情報として素材の形で存在している。また、それに区分や評価を加えてシステムに組み込み、分析や総合などのプロセスが施された、判断の加わったインテリジェンス(智慧)としての二次情報がある。  しかも、一次情報は基本的に公開されている必要があり、米国ではこの原則が貫かれているのに対して、日本では権力者の利権として非公開になっている。米国では情報面での知る権利が民主主義に反映されて、インターネットを通して政府や官庁はもとより、ほとんどの部分でアクセスできるのであり、この差が両国の社会的体質の違いを決定付け、米国の住み、心地の良さを感じさせるのである。 最大のメディアは[故人]を求め[二千里外]を動く人  コンピュータ網や電話回線のネットワークを使い、インフォメーションに対して自在に接することは、情報時代の醍

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    はじめに インフォメーションとインテリジェンス 資訊と智恵の違いを知れ  私がアメリカに住んでいる最大の理由は、アメリカでは本物の情報革命がダイナミックに進行しており、そのシステムの中で毎日の生活を存分に楽しむことができるからだ。つまり、21世紀を特徴づける情報社会を先取りして、20世紀のいま未来体験をつぶさに味わえるからである。  こんなことを言うと、日本でも情報革命は着々と進行しており、[マルチ・メディア]や[情報スーパー・ハイウェー]という言葉が氾濫し、日本経済は情報時代の到来を見すえて、着実に準備がととのいつつあるという反論があるかも知れない。しかし、日本で進んでいるのはアメリカの物真似にすぎないのであり、しかも、情報機器や情報伝達施設を中心にした、情報関連のハードウェアに関してのみ、騒ぎ立てているに過ぎないのである。  その理由はそもそも日本の産業社会の体質に関わっており、戦前の大船巨砲主義や戦後の、大量生産設備のように、日本人が得意にするのはあくまてハードウェア中心で、ソフトウェアは付け足しである伝統に由来する。しかも、情報そのものにもハードとソフトの両側面があり・その点に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。