≪聖徳短通信≫子どもの健康状態を判断する方法を考察せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数575
ダウンロード数6
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    昼間元気だった乳幼児が、突然夜になって具合が悪くなることがある。また、乳幼児突然死症候群(SIDS)のように、突然命を奪われてしまうこともある。乳幼児は身体の変調を言葉で的確に表現出来ないので、一般状態をよく観察することが必要である。具体的には、機嫌の良否、顔色、皮膚の色・つや、泣き声、泣き方、声をかけた時の反応、手足の動き(活発度)、食欲、便の状態、睡眠の良否などに注意することが必要である。
    では、乳幼児の健康状態はどのように判断したら良いのだろうか。
    まず、最初に述べたSIDSについて考えていく。これは、予期しない乳児の突然死で、0歳児の死因第3位(2003年資料)に入る。この症状が発生しやすい状況として、
    1.うつぶせ寝により、気道が閉ざされてしまう。
    2.子どもの周囲での喫煙・妊娠中の喫煙。
    3.人工栄養で育てる環境。
    があげられている。SIDSを見る限りでは、まず子どもの健康状態を確保するためには、大人自身が注意しなければならない。保育者が子どもを預かる上で、1のうつぶせ寝は特に注意し、寝かせる時も目の届く所に寝かせなければならない。
     次に子どもの健康状態について述べる。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。