≪聖徳短通信≫人間観が教育観に及ぼす影響について論じなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,258
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     人が生まれ、社会の中で生活していくために、数知れない程沢山のことを学んで行かなければならない。人間観が教育観に与える影響を考え、教育学の歴史を築いてきた思想家の教えを学びたいと思う。
    1.教育とは何か
     ポルトマン曰く「生理的早産」として、自然界に対し生きるすべを持たずに生まれてくる人間。そのために、自分を守るため、子どもの命を守るために、人間は太古より集団で生活してきた。厳しい自然環境の中で生きるうちに、リーダー的存在者とそれに従う者に分かれていった。それが国家の始まりである。都市国家の成立は、人々の交流を盛んにさせ、様々な思想がうまれた。「ギリシャ語のPaideia(教育)は paideiosから来た言葉で、若者を…する。つまり、教育とは親や社会の人々の思想が根本であり、教育とは人を善くすることを本質的な課題としている」
     善さとは何か。古代の人々が追求した善とはまさに、人間とは何かという人間観につながる。
    2.人間観、教育観とは
     人間観とは、人間とは何か。人間をどう見るか。人間の社会における役割をどのように考えるか。教育観とは教育のあらゆる側面、教育哲学、教育制度などの根本問..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。