≪聖徳短通信≫「幼稚園教育要領」と「保育所保育指針」を読んで、保育方法の基本原理について説明しなさい。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,302
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.幼稚園教育と保育所保育の基本理念
    (1)幼稚園教育の基本理念とは
    (2)保育所保育の基本理念とは
     保育所の保育目的は、「保育所は、日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育することを目

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現在、少子化の進行、育児サービスの多様化に伴って生じている幼稚園と保育所の抱える問題点を解決するべく、幼稚園と保育所の一元化が進められている。本来、異なる目的のために設立された幼稚園と保育所。しかし、時代の流れとともに、それらが一つになることが望まれ始めた。
    1.幼稚園教育と保育所保育の基本理念
    (1)幼稚園教育の基本理念とは
     学校教育法に基づき規定されている。「幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。」
     幼稚園教育とは、幼児を自発的・能動的な存在であるとして、家庭と連携を図り、より適切な環境を設定することによって、生きる力の基礎を育成するように、幼児の発達を体験により促すことを目的とし、環境による教育を理念とする。
    (2)保育所保育の基本理念とは
     保育所の保育目的は、「保育所は、日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育することを目的とする。」と児童福祉法の理念に基づいて規定されている。
     保育所とは、保護者の労働などにより日中家庭での保護..

    コメント1件

    poroporo 販売
    2008年改正後の幼稚園教育要領と保育所保育指針などを使用。
    2010/05/19 8:41 (6年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。