≪聖徳短通信≫学習障害LDか注意欠陥/多動性障害ADHDのどちらか一つを選び、その症状と援助について書きなさい。(注意欠陥多動性障害を選択)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,125
ダウンロード数25
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    発達学校いじめ障害問題援助ADHDLD行動通信レポートB

    代表キーワード

    発達

    資料紹介

    不注意、多動性、衝動性を3本柱にする症候群である、注意欠陥多動性障害(Attention−Deficit Hyperactivity Disorder)は英語名の頭文字を取って、ADHDと呼ばれる発達障害の一つである。発達障害というのは、子どもの精神機能が発達する過程で起きることがあるさまざまな障害の総称である。主な発達障害には、自閉症、LD(学習障害)、アスペルガー症候群、高機能自閉症などがあります。その中のADHDの症状と援助について述べます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    不注意、多動性、衝動性を3本柱にする症候群である、注意欠陥多動性障害(Attention−Deficit Hyperactivity Disorder)は英語名の頭文字を取って、ADHDと呼ばれる発達障害の一つである。発達障害というのは、子どもの精神機能が発達する過程で起きることがあるさまざまな障害の総称である。主な発達障害には、自閉症、LD(学習障害)、アスペルガー症候群、高機能自閉症などがあります。その中のADHDの症状と援助について述べます。
    ADHDの原因はまだ不明ですが、注意力・衝動性・多動性を自分でコントロールできない脳神経学的な障害と言われています、不適切な親のしつけや教師の指導が原因でADHDになることはありませんが、環境によってはADHDに似た症状が出たり問題行動が悪化することはあります。
    ①不注意優勢型のADHDとは
    忘れ物が多く、「課題や活動に必要な物をしばしばなくす」「直接話しかけられても、聞いているようには見えない」「さまざまな課題や遊ぶにおいて、注意力を持続することが困難である」などの特徴があります。宿題や鉛筆、教科書などの忘れ物が多く、授業中にぼんやり外を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。