科目最終試験、生徒指導・進路指導の研究、問題&解答5種類セット

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数729
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生徒指導・進路指導の研究(初等)・問題&解答5種類セット
    いじめの構造とその特質についてまとめ、具体的な指導方法を述べよ
    いじめというのは今に始まった問題ではない。いじめは昔からあった。いじめというのは、どういった行為がいじめで、どういった行為がいじめではなく悪ふざけなのかという定義は非常に難しい。また、いじめの原因についてさまざまな原因説が議論されてきたがはっきりしたことがわかっていないのが現実であろう。
     現在のいじめの特徴は強いものから弱いものへと向かう構図、また、それが一対一の構図ではなく、集団対個人なのである。これは日本人の特徴なのかもしれない。集団を重んじる文化がこれに影響してるのであろう。これに対して、外国では、個対個の構図であったりするのである。
     また、最近のいじめの特徴は長期化することにある。この理由はいじめに直接に加担してないが「傍観者」あるいは「観衆(はやし立てる)」という形で間接的に加担しているものの存在が大きい。
     こういったことを考えると、直接的にいじめに加担したものだけでなく、傍観者、観衆という形もいじめをしているという事を教師は指導していかなくては根本..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。