科目最終試験、生徒指導・進路指導の研究、教科外活動

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数715
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生徒指導・進路指導の研究(初等)
    教科外教育とは何かについてまとめ、その意義と内容についてのべよ
     教科外活動は大きく構造を分けると2つである。
    ①意図的、限定的な活動=生徒指導、進路指導、教育相談
    ②無意図的、広領域的活動=教師と児童のかかわるすべての時間
    教科教育が知識の発達を担うことに対して、教科外活動は心、情、体の育成を目指す。
    この教科外活動の意義を簡単にのべるとすると、1998年の学校答申がその特色を現している。答申で①豊かな人間性や社会性のある人間としての自覚の育成②自ら学び、自ら考える力の育成と述べられている。こういったことを実現することがこの教科外教育の意義なのではないだろう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。