科目最終試験、特別活動研究、問題&解答4種類セット

会員2,700円 | 非会員3,240円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数925
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動研究・試験解答4種類セット
    特別活動について、まずその特質を各教科、道徳との違いを明確にして説明し、次に特別活動を構成している4つの内容をかけ。
    特別活動とは学校の教育課程における各教科、道徳、総合学習以外の教育活動のこと。
    例えば、学級活動、児童会活動、クラブ活動、学校行事など。
    特別活動の意義は、教科教育のような知識をメインでつけるのではなく、子供たちの積極的な態度を育てることである。これを達成するために学校、教師はそれぞれの考えに基づいた工夫を求められる。
     各教科との違いは先ほども述べたが、教科教育が知識を身につけることに対し、特別活動ではそれを応用する態度を身につけることが決定的に違う。例えば、家庭科で得た飯盒炊爨や味噌汁の作る知識がキャンプという活動において生かされたり、理科の授業で得た植物の知識をつかってキャンプの散策で植物を見分けたりといった形で生かされる。また、そういった自主性を育てることで、今求められる「生きる力」としての問題解決能力、自分で考え自分で解決する能力を育てるのである。
     道徳との違いは、定義がそもそも違うのである。「道徳教育は特別活動のそれぞれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。