科目最終試験、教育社会学、5題問題&解答セット

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数613
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育社会学・5題セット
    いじめ問題の国際比較を通して、共通性と異質性について説明せよ
    日本のいじめは陰湿でみえにくいのである。それに対して、外国のいじめというのは男子の暴力的色彩が強いのが特徴である。また、共通しているのは、力の強いものから弱いものへと向かうのは世界共通といえる。
     具体的に外国の国ごとにみてみると、
    アメリカの場合、社会が抱える深刻な問題といじめが深い関係を有している。例えば、親から子への体罰や虐待はあとをたたないのである。これを経験した子供は他者に対する攻撃性を形成しやすい。また、アメリカにおけるいじめは社会経済的にみた場合に低位な環境で頻発しているのである。
     イギリスの場合、集団的な力の意図的乱用をうける対象が気が弱い子供や友人がいない子供に向かうという点はアメリカと同じである。イギリス社会も白人上位で、それに即さない人種やいわゆる弱者に対しては厳しい制裁を加える。これは力による異色なものに対するいじめである
     外国のいじめは民族的、文化的な差別や偏見によるいじめが存在している。また、日本とは違い1対1の関係から生じる問題もいじめの対象となる。個人を基盤とした文..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。