科目最終試験、教育原論、試験&解答6種類セット

会員3,780円 | 非会員4,536円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数796
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育原論
    ポールラングランの生涯教育論の意義と、それ以降の生涯教育の歴史的変遷(ハッチンズ、フォール報告)を述べよ
    ラングランは生涯教育を永久教育と名づけている。彼は永久教育の必要性を社会的な理由から述べている。たとえば、われわれが生きる社会というのは非常に変化が激しい。変化に対応可能で柔軟な心的態度を育成しなければならない。そのほかにも人口増加にともない、すべての地球上の人がうけることのできる教育制度を構築することが必要である。といったことをあげている。世界の変化とともにわれわれの生活スタイルが大きく変化し、教育によってさまざまな人間関係を見つめなおし、かつ受け入れる努力を行わねばならないのである。
     ラングランは教育の目的として、あるがままの人間を育成すること、適応性を成長させることなどをあげている。
     こういったことを踏まえて、ラングランは生涯教育の方法を次のようにあげている。
    生涯教育は主に独学でされる。生涯教育においては個人が自己の興味や関心に従って学習活動をおこなう。したがって、学校および大学では、学習者のニーズに応じた教育内容が提供されなくてはならない。また、興味があるも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。