科目最終試験、教育社会学、日本型学歴社会

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数853
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育社会学
    日本型の学歴社会の特質についてまとめ、その問題点を整理せよ
    「受験地獄」や「偏差値輪切り体制」などといったような言葉があり、学歴社会というのはいいイメージをもって語られることがなかった。その人間が内面的にもつ本来の資質を考慮せずに「うわべの勉強」ができるかどうかだけでその人間を評価する理不尽かつ非人間的な社会として語られてきた。重要なことは学歴社会がただ単に教育を重視する社会ではないということである。
     現代社会では、あたかも公教育=教育との錯覚が生じがちである。だが、学校で行われる教育全体の一部であり、すべてではない。
     しかし、公教育システムが他の領域の教育を次々と取り込んでい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。