科目最終試験、人権(同和)教育5つセット、教育心理学5つセット、道徳教育4つセット、算数科教育法6つセット、超お得

会員4,860円 | 非会員5,832円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数1,099
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人権(同和)教育試験、最終試験問題
    「同和教育のあゆみと意義について論ぜよ」
    「近代以降の部落問題の運動、行政、教育などの取り組みについて論ぜよ」
    「同和問題の歴史と差別問題やその解決に向けた取り組みの現況、今日的課題について論ぜよ」
    この3つの試験については、歴史の流れと取り組みについて、しっかりと理解し、覚えておくことが大切です。この3つは問題の問い方が違うけれど、結局ききたいことは上述したとおりなので、これから書くものをしっかりとおぼえてください。
    1965年8月に出された「同和対策審議会答申」にて、同和問題は人類普遍の原理である人間の自由と平等に関する問題であり、日本国憲法によって保障された基本的人権にかかわる課題であるという認識と共に解決の道筋を考え示したのである。さらに同答申で「教育の状況は学校教育における児童生徒の学業の不振と社会教育の遅れ、同和教育の不振が目立っている。学校教育における児童生徒の成績は、小学校、中学校、のいずれの場合も全般的に悪く、全体的に見ると上に属するものもいるが、大部分は中以下である。中学生徒の進路状況は都市的地区、農村的地区ともに就職者が大部分で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。