算数科教育法,科目最終試験、現代化時代の算数科の教育内容について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数486
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    算数科教育法
    5 数学教育の現代化時代の算数科の教育内容について述べ、それをもとに2002年度完全実施の学習指導要領(算数科)の教育内容を考察せよ。
    1958年の学習指導要領では批判を受けていた「学力低下」への対応として系統主義への転換がなされ、算数科時間数増加による算数科教育の重視が打ち出された。このような変化は高度経済成長を遂げている日本の経済界からの影響を受けたものだった。日本における数学教育の現代化は時間数を変化させずに、現代数学の内容、とりわけ集合論を中心にしたものを旧来の教育内容に断片的に導入する急速な改革であった。それにより数学を理解できない子どもたちが多くなり、学校教育現場の退..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。