算数科教育法,科目最終試験、第五期国定教科書について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数417
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    算数科教育法
    3 第5期国定教科書(水色表紙教科書)時代の算数科の教育内容について述べ、それをもとに2002年度完全実施の学習指導要領(算数科)の教育内容を考察せよ。
    第二次世界大戦中の数学教育の変更背景にはファシズムがある。第五期「国定教科書(水色表紙教科書)」では当時の新しい数学の初歩的な内容が取り上げられたり、理科と算数の統合が行なわれたりした。しかし、数理科学的な思想の重視と実測・実験の姿勢が重視されて実用的であるが、戦争による科学技術教育の早期徹底という意図が一方で潜んでいた。
     そのような教育方針の変更を迫った社会において、2002年実施学習指導要領では「生きる力」の育成を目指し、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。