算数科教育法1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数603
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    算数科教育法
    1 第1期国定教科書(黒表紙教科書)時代の算数科の教育内容について述べ、それをもとに2002年度完全実施の学習指導要領(算数科)の教育内容を考察せよ。
    1905年藤沢利喜太郎らによって第一国定教科書「尋常小学算術書(黒表紙教科書)が編纂される。この頃の算数の教育課程としては藤沢利喜太郎がドイツの研究者らの影響による「数え主義」を日本流にアレンジした算術の導入を試みようとした。この時代の算数のもう一つの領域である幾何学は菊池大麓により算術とはことなり、厳密な推論をもとに真理を追究する学科であることを強調し、幾何教育は小学校では計算問題の一部として取り上げられるだけとなった。それによ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。