呼吸器フィジカルイグザミネーション

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数5,133
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2)呼吸器系のフィジカルイグザミネーション
    <目的>
    呼吸音や胸部の打診音を聞くことによって、肺炎の現在の状態、肺炎の悪化の早期発見をすること。
    呼吸音から痰や分泌物の貯留がないかなどを把握し、肺炎が悪化を防ぐこと。
    入院時から現在に至るまで労作時の息切れが見られているため、呼吸器系に異常がないか観察すること。
    <必要物品>
    ・バスタオル、
    <手順>
    ①患者に肺や胸郭内(胸部の中)の状態を把握するために胸部の打診や聴診を行うことを説明する。
    留意点:患者は聴力が低下しているため、耳元で大きく低めの声でゆっくりと説明する。
    ②カーテンを閉め、ベッドがギャッチアップされている場合は元に戻す。
     留意点:ベッドを戻す時は声をかけながらゆっくり戻す。
    ③掛け物をお腹のあたりまでさげ、バスタオルで上半身を覆い、和式寝衣の場合は紐をして前を開き、パジャマの場合は上着のボタンを外す。
     留意点:・高齢であり、温度の差は身体的な負担になる可能性があるため、病室内の温度に気をつける。
         ・この時、皮膚の状態(発疹・発赤、乾燥の有無と程度)を観察する。
    ④胸郭の可動性の観察をする。
    患者の胸郭の上..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。