乳房外パジェット病患者の標準看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数4,705
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    乳房外パジェット病患者の標準看護計画
    乳房外パジェット病とは
     パジェット病とは、表皮内にパジェット細胞(角化傾向の乏しい、明るい細胞質をもつ、大型癌細胞の一種、組織学的には胞体の明るい大型の細胞で表皮内に認められる、PAS反応陽性、ジアスターゼ抵抗性、ルシアンブルー陽性を示す)が浸潤、増殖する悪性腫瘍の一種である。腫瘍細胞が増殖し、真皮内まで浸潤したものをパジェット癌と呼ぶ。  男性が女性の2~3倍と多く、50歳~80歳に好発する。発症部位は外陰部およびその周囲、つまり男性では、陰嚢、陰茎、会陰部、肛門に、女性では大陰唇、小陰唇、膣前庭、会陰部、下腹部、肛門に発生する。乳房外パジェット病の発生部位はその他に腋窩,胸骨部、外耳道、頬部、口腔、食道などが報告されている。
    アセスメントの視点
     悪性度の高い腫瘍である。皮膚病変は湿疹と類似しているので、湿疹として治療されていることがまれではない。また、罹患部が、乳房や外陰部であり皮膚科医の受診が遅れがちである。早期診断とリンパ節転移の有無で予後が左右される。
    症状
    症状は、乳房パジェット病と同じであり、紅斑、浸潤、結痂局面が認められ、何..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。