高齢者ーフィジカルアセスメント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数701
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    6、フィジカルアセスメント 1)バイタルサインズの測定(体温→脈拍→呼吸数→血圧)
       《目的》 ・Tさんの現在の全身状態・生理的変化を知るため。
            ・ケアを行うにあたって、現在ケアが行える状態にあるか知るため。
       《必要物品》
        ・体温計(腋窩用) ・タオル ・聴診器 ・血圧計
       《手順》 看護師1人で行う
        ①必要物品を準備し、体温計・血圧計の点検を行う。
        ②Tさんにバイタルサインの測定を行うことを説明する。ベッドがギャッジアップされている場合は、元に戻す。
         →Tさんは、聴力が衰えているので耳元で大きな声でゆっくりと説明する。
           また、高齢であり温度の差は身体的な負担になる可能性があるので、病室内の温度に気をつける。
        ③掛け物から右上肢を出してもらい、腋窩部に汗をかいている場合はタオルで汗をふき取る。
        ④体温計を30~45°の角度で、先進部が腋窩の最深部に位置するように挿入する。
         →体温計を挿入する時、手のひらを天井に向けるようにして腋窩部分を開いてもらうと挿入しやすい。
          Tさん..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。